--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.30 20:42|コクワガタ
コクワガタのエリカちゃんが最近
じぃっと私を見つめている
遊びに連れ出すと、指を伝って元気よく動き回る

RIMG8957.jpg

今までの彼女は、私に興味を持つどころか
とても警戒していて、目が合うとすぐに隠れていた
きっと慣れてくれたのだろう

そんなエリカちゃんを眺めていると
彼女の心境の変化をうれしく思う

今日はフタマタクワガタの産卵木を陰干ししていたのだが
乾くまでエリカちゃんの遊び場にすることにした

木の感触を確かめるように、くるくる回っている

RIMG8953.jpg

1時間位経過した頃、そろそろ産卵木を引き上げようと
エリカちゃんを確認したら
なんと、産卵の準備に入っていた

そのままエリカちゃん用の産卵木に急きょ変更

RIMG8961.jpg

陰干し時間が予定より短くなってしまい
とても気がかりなのだが、エリカちゃんのキモチを
優先させることにした

がんばってね。エリカちゃん

RIMG8964.jpg

スポンサーサイト
関連記事
2013.06.29 20:46|ホウデンフタマタクワガタ
ホオくんとフタマタちゃんのペアリング
あっさりと成功した

フタマタちゃんはとても従順な女の子のようで
ホオくんのメイトガード中も逃げることもなく
仲良くしていた

RIMG8933.jpg

RIMG8935.jpg

土曜日は4時間程、今日は3時間程
とても穏やかなペアリングだった

ホオくん、フタマタちゃんお疲れさま
とても可愛かったよ

RIMG8944.jpg
関連記事
2013.06.28 20:31|ヤマトカブトムシ
カブトムシが羽化した!
騒々しい物音をたてて、目覚めた途端に大騒ぎ

♀はぐいぐいと指の間に顔を入れてくる
♂はキューキュー鳴きながら
指にしがみついて離れない
このカブトムシ特有の行動がとても可愛い

くんくんと匂いを嗅ぐ
大好きな香り
森の中にいるようだ

RIMG8930.jpg

羽化不全もなく無事に生まれてきてくれたことに感謝!

先日我が家に仲間入りしたWDの♂と♀と共に
現在♀3頭、♂5頭
賑やかな夏になりそうだ

明け方の3時~5時位になると、なぜだか一斉に騒ぎ出すので
気になって起きてしまう

目覚ましカブトムシ
明日はもう少しだけ眠らせてね

RIMG8919.jpg




関連記事
2013.06.27 18:46|甲虫目
家に帰ってくると、階段下に違和感を感じて
近づくとカミキリムシが休んでいた
ナガゴマフカミキリのようだ

触ってみると動きがない
どうやら☆になっていたようだ

自宅でカミキリムシと出会えたとは
これも何かの縁

土に還しておいた
ゆっくり休んでね

RIMG8850.jpg

関連記事
2013.06.26 22:18|どうぶつサカナなど
かたつむり
以前からずっと気になる存在だった

この間の雨上がりの午後
彼らを探しに行くと
運良くたくさんのコドモ達が賑やかに歩いていた

家に連れ帰って、さっそくキャベツとニンジンをセットしてみる
あまりお好みではないらしいので、その後いろいろな野菜を試している

RIMG8872.jpg

中でもさつまいもやシイタケを食べるとは意外だった

RIMG8875.jpg

RIMG8876.jpg

現在試してみたのは下記の通り

サニーレタス キャベツ にんじん
小松菜 チンゲンサイ さつまいも しいたけ

好んで食べているのは小松菜とサニーレタス


でも、一番の好物はコンクリートブロックらしい。笑
ボレー粉よりもお好みのようだ

RIMG8788.jpg

かたつむりのゆっくりとした歩みを眺めていると、時を忘れる

よくよく見てみると、連れ帰ったカタツムリは全員左巻だった
少数派のヒダリマキマイマイなのかな?
これは嬉しい発見だ

先日、里子でもらった黒い右巻きのカタツムリと共に
仲良く暮らしている

大切に育てていきたい


RIMG8847.jpg
関連記事
2013.06.25 22:19|甲虫目
コアオハナムグリのハナムグちゃんの
飼育ケースを覗いてみると
小さな幼虫の姿が見えたのでビックリした

幼虫1

とても元気に動き回っている
体長わずか7mmほど

うぶげが生えて、透明なボディ
うすいオレンジがかったブラウンの顔
背面走行らしき動き方

12頭の幼虫はひとまずミニケースに入れて
様子を見ていこうと思う

思えば、ハナムグちゃんとの出会いは
水場に落ちているところを、運よく発見して
掬いあげたあの日が最初だった

もうだめかもしれないと思いつつ
ひたすら体を拭いて乾かして
ハルジオンの花をあげてみたら
勢いよく花粉を食べてくれたので
なんと生命力の強い子なんだと驚いた

男の子だと思って接してきたのだが
実は女の子だったんだね

すごくうれしいよ。ハナムグちゃん
ありがとう

ハナムグちゃん

羽化はおそらく秋頃。成虫越冬のようだ
無事に成虫になりますように

幼虫2


関連記事
2013.06.24 21:36|メンガタ・メリー
メリーちゃんとメリーくんを1週間前に同居させた

すると、メリーくんがとても怒り
メリーちゃんが近づくだけで
カラダを前後に激しく揺らして威嚇し始めた

これ以上の同居はムズカシイと判断して2頭を引き離した
引き離した後も、メリーくんはしばらくカラダを揺らしたまま

ペアリング時期を見誤ったのか(涙)

それから、いつも活発に動き回るメリーちゃんの姿が見えず
今夜心配でマットの中を探してみたら
メリーちゃんが固まっていた

まさか☆になってしまったのか

でもよく見るとヒゲの辺りと、脚がほんのわずかに動いているように
見えるのは、私の希望的錯覚なのだろうか

今年の1月上旬羽化のメリーちゃん達
メンガタメリーは休眠期間が長いそうで
半年ぐらいは眠ることも多々あるそう
活動期に入ると寿命が短いらしい

驚くといつもメリーちゃんは死んだフリをするので
今夜も死んだフリであってほしい

ストレスを与えてしまったようで、本当に申し訳ないことをした(涙)
ごめんね メリーちゃん

メリー


6月25日
今朝メリーちゃんを再び確認したらお星さまになっていた

まだ生きているように見える
安らかに眠りについていた

メリーちゃん、ありがとう

突然の別れがさびしいけれど
天国でゆっくり休んでね



関連記事
2013.06.23 12:16|甲虫目
4_20130714121453.jpg

大きなカメノコテントウだ
派手なビジュアルで艶感のあるボディ

動きも素早く手ブレてしまった
右側の個体は瞳がピンク色

1_20130714121452.jpg

ウルトラマンみたいな顔立ち
出会えてうれしいカメノコテントウ

2_20130714121452.jpg

3_20130714121451.jpg

関連記事
2013.06.22 22:26|この虫何の虫?気になる虫
小さなまっくろくろすけ
艶感のあるブラックで
なかなか目立っていた

カラダには白っぽい薄毛が少し生えている
シャクトリみたくクネクネ歩く
なかなかすばしっこい

RIMG8817.jpg

体長1センチほど

このまっくろくろすけは
なんの幼虫だろうか

RIMG8818.jpg

関連記事
2013.06.21 22:05|どうぶつサカナなど
RIMG8806.jpg

梅雨もいいものだ、と思わせてくれる

みずみずしいカタツムリの
愛らしい姿がそこにあった

RIMG8804.jpg

RIMG8807.jpg



関連記事
2013.06.21 21:52|昆虫全般
駅前の花壇下に転がっていた幼虫
慌ててレスキューしたが、頭も鳥に齧られているようで
とても衰弱している

連れ帰ってマットの中で休んでもらったが
残念ながら数日後☆になっていた

この子は何の虫だったのかな?
カナブンのようにも見えるが・・



関連記事
2013.06.21 21:48|この虫何の虫?気になる虫
コケの生えた木の上を
忙しそうに動き回る

白い貝のようなものを背負っている

これはいったい何の虫?

RIMG8866.jpg

関連記事
2013.06.20 21:16|鱗翅目(チョウ目)
夕暮れ時の公園
ツマキホソバが翅を折りたたみ、休んでいる

RIMG8832.jpg

近づくとパタパタと音をたて
向かいの木に飛び移った

RIMG8834.jpg

生成りがかった白に
淡くやわらかさを感じる黄色が
とても上品な印象を受ける

黒い瞳も綺麗
夕陽に輝いている

RIMG8835.jpg


関連記事
2013.06.19 11:53|鱗翅目(チョウ目)
マイマイ3

マイマイガと戯れていたら
自転車に乗る小学生の男の子2人組が
私の前で突然立ち止まり

触っちゃいけないよ! 大丈夫なの?
と心配してくれた

小さいうちは毒があるけれど
ここまで大きくなれば大丈夫だよ

(絶対大丈夫ということはないだろうが。。汗)

マイマイ1

触ってみる?
冗談半分で、マイマイガの手を差し出すと
歓声をあげて逃げていった

(歓声の使い方、間違っているような。笑)

ひと昔前は毛虫を触るなんて想像もつかなかったが
このかわいさを知ってしまうと、
価値観も変わってしまうのだろう

マイマイ2

小学生が過ぎ去り、再び静かな時間が戻る

クモの巣に絡まったマイマイガを見つけて
クヌギの木につけた

ぐんぐんと勢いをつけて登ってゆく
この脚力には驚く

彼らの前に広がる景色はいったいどんな感じなのだろう

静かな興奮をおさえながら
マイマイガの姿を見上げていた

マイマイ4
関連記事
2013.06.18 07:00|この虫何の虫?気になる虫
サクラの葉にくっついていた蛹
葉を2枚重ねた中に、糸を吐いて繭を作っていた

蛹1

飴色で1センチ弱の大きさ
これは抜け殻なのか、それとも中身が入っているのか
分からないため

いつ羽化してもいいように、ベランダにて観察中だったが
おそらくこちらは脱出した抜け殻だろう(笑)

成虫が確認できず、残念

蛹2




関連記事
2013.06.17 06:36|甲虫目
1_20130616114317.jpg

日暮れ時の公園

体長1センチほどの
小さなカミキリムシが休んでいた

アトジロサビカミキリ
ブラウンのグラデーションが綺麗だ
触覚もチャームポイント
広葉樹の枯れ枝を食する

3_20130616114316.jpg

2_20130616114316.jpg




関連記事
2013.06.16 14:37|鱗翅目(チョウ目)
4_20130616083753.jpg

行方不明になった幼虫の名前がわかった
ヤガ科のチャイロキリガだった(^ν^)

そういえば、半月ほど前に、蛾が部屋を飛んでいるのを見かけたのだが
今思うとチャイロキリガの姿と似ていた

1 No1

とても小さな蛾ですばしっこく、手乗りはできなかったのだが
まだ元気にしているのか、ふと気になった

端午の節句で食べられる柏餅のような
ふっくらとカワイイ姿だった
来年出会ったらじっくり成虫まで観察してみたい

1-No2.jpg


関連記事
2013.06.16 10:39|膜翅目(ハチ目)
2_20130616102731.jpg

1_20130616102732.jpg

多摩動物公園の昆虫館本館で展示されている
ハキリアリ

大きな飼育ケースが何個も設置されていて
壮大なハキリアリの世界が広がっている
その迫力たるや、一見に値する

8_20130616102753.jpg

ハキリアリの姿が見られるのは、日本ではここだけだ
このアリは検疫が厳しいらしい
それというのも、葉を切り取り異常増殖するため
日本の植物が枯れるおそれがあるからだ

ハキリアリは中南米に生息するアリで
「農園を営むアリ」と言われる

動画:Leaf-cutter ant ( COSTA RICA )



3_20130616102730.jpg

4_20130616102730.jpg

彼らがせっせと運んでいる葉っぱは
キノコを育てるのに使われる

働きアリは葉っぱを顎で噛み砕き、巣の中に持ち帰る
キノコの苗床にするため、パルプ状になるまで細かく噛み砕かれる

白くて小さなつぶのようなキノコ
地下に作られるキノコの菌園の様子は
連なったスポンジのようで、とてもやわらかそうだ

5_20130616102729.jpg

ハキリアリはキノコを病原体から守るため
病原体を抑えることができる抗生物質を作る特殊な細菌を
キノコ畑で培養しているのだ

また、キノコの生産が過剰にならないように
その成長を程よいところで抑えるための
化学的な物質まで体内から分泌するという

葉っぱは細かく噛み砕かれて肥料にし
育てたキノコは幼虫達にも食べさせる
自給自足が完結された素晴らしいシステムに驚く

7_20130616102754.jpg

6_20130616102728.jpg

彼らはまた、アブラムシを育てるらしい
天敵から守るため、卵を巣に持ち帰り
世話をして、彼らの出す甘い分泌液をもらう

育てたアブラムシは、植物に戻してあげるというのだ
アブラムシとハキリアリとの共生である

昆虫館の飼育ケースには
キノコの培養場、ゴミ置き場、幼虫を育てる部屋などが
きちんと区分けされている

自分の持ち場をしっかりと守り、生活をする姿を見ていると
ただ感動するばかりだ

9_20130616102752.jpg

動画:ハキリアリ(多摩動物公園)1/2


動画:ハキリアリ(多摩動物公園)2/2



関連記事
2013.06.15 23:12|膜翅目(ハチ目)
気付くと夏目前
虫達にとっても
暑さを耐える大変な季節がやってくる

今日の昼間はムシムシとしていた
夜になると雨がしとしとと降って涼しい

1_20130615230900.jpg
関連記事
2013.06.15 15:47|昆虫全般
1_20130615234732.jpg

ほんの少し前までは
雑草にしか見えなかった花

ハルジオン

花粉を美味しそうに食べている虫達
を見ていると

どんな味がするのだろうと
とても気になる

2_20130615234731.jpg

関連記事
2013.06.14 23:41|甲虫目
2_20130615233642.jpg

ハルジオンの花にくっついていた
テントウムシの幼虫が羽化した

右の方に見えるのが、幼虫時代の抜け殻

1_20130615233642.jpg

パカっと殻を開けるようにして
デヴューしてくるんだね

元の場所にリリース
夏を楽しんできてね

4_20130615233640.jpg

3_20130615233641.jpg
関連記事
2013.06.14 23:36|甲虫目
5_20130615233640.jpg

テントウムシに似ている
上翅の点刻にリズムを感じる
とてもチャーミングな姿だ

同じところを行ったり来たり
楽しげな様子で歩いている

7_20130615233654.jpg

6_20130615233639.jpg
関連記事
2013.06.13 22:59|半翅目(カメムシ目)
1_20130615225757.jpg

3_20130615225756.jpg

鮮やかなグリーンに赤いラインが
とても華やかなカメムシ

可愛らしい笑顔に、思わず微笑んでしまった

2_20130615225756.jpg
関連記事
2013.06.12 22:43|鱗翅目(チョウ目)
1_20130615225148.jpg

キマダラセセリかな?
タンポポで吸蜜している

2_20130615225148.jpg

目が合った
ちらっと横目でこちらを見ている

おいしそうだね(^ν^)
わたしもタンポポが食べたくなったよ

3_20130615225147.jpg

関連記事
2013.06.11 22:08|蟷螂目(カマキリ目)
今年はじめて カマキリを見つけた

藪をかき分けた先に
まるでスポットライトにでも照らし出されたかのように
太陽の光を受けて、浮かび上がる姿

じっくり見ていると、背後から不穏な音
スズメバチの姿が視界の隅に横切った

大きなアシナガバチだ(゚Д゚ )
猛ダッシュで藪から逃げてきた

カマキリを守るスズメバチ?
なんてことはないのだろうけど
ピンボケ写真しか撮れず。
コカマキリの幼虫のようにも見える

RIMG8693.jpg

関連記事
2013.06.10 21:54|半翅目(カメムシ目)
2_20130615215356.jpg

空き地の雑草が生い茂るエリア
なんだか気になって見ていると
マルカメムシの集団を発見した

夏の陽射しが照り付ける午後1時
葛の茎に集団でじぃっとしている

3_20130615215355.jpg

ころんとしたボディに
赤茶色の瞳が眠たげだ

暑さは大丈夫なのだろうかと
彼らのタフさに感心しながら見ていた

1_20130615215357.jpg

関連記事
2013.06.09 21:26|鱗翅目(チョウ目)
コアオハナムグリの食草を探しに
夜の公園散歩に出掛けた時に出会った幼虫
落ち葉の上でもぞもぞとしている

2_20130615213842.jpg

木々の生い茂るエリアから落ちてしまったのだろう
あまりに毒々しい派手なビジュアル
夜の公園でも目を引く
ドクガの幼虫かと緊張しつつ植え込みに戻しておいた

自宅に帰り同定をしているとドクガではなく
ホタルガであることを知る

1_20130615213842.jpg

サカキやヒサカキが食草らしい
なるほど、さっき落ちていた段差の上の方には
サカキの木々が植えられていたので
ホタルガも元の場所に戻るだろう

成虫の姿も確認したくなった

3_20130615213841.jpg

関連記事
2013.06.08 21:51|鱗翅目(チョウ目)
先日土の中にもぐっていったヨトウガ

黒くテカっとした色合いに変化したのは
3日位前のこと
これが前蛹の状態だったのだろう

RIMG8721.jpg

そして今朝確認したら、蛹になっていた
茶色で艶感のある貝殻のようなカタチ

RIMG8722.jpg

成虫になるのも、あと1か月弱位だろう
楽しみでしょうがない(^ν^)

RIMG8723.jpg
関連記事
2013.06.07 21:29|コクワガタ
マリンちゃんが☆になった

とても愛嬌のあるコクワガタの女の子で

なんとなく視線を感じると
たいていそこにはマリンちゃんがいて
ケースから私を覗きこんでいる姿は
かわいらしかった

RIMG8312.jpg

触覚がなく、最近では前脚がケガしてしまったり
とても大変だったのだけど

そういうハンデを感じさせないくらい
最後まで元気いっぱいだった

登り木をセットすると
小さなカラダでゆっくりじっくり
登ってゆく

穏やかなマリンちゃん
レム君やエリカちゃんとも仲良く暮らしていた

天国でゆっくりとカラダ休めてね
ありがとう マリンちゃん

RIMG8315.jpg


関連記事
2013.06.06 07:36|膜翅目(ハチ目)
No1

最近幼虫にばかり目がいってしまい
成虫探しがおろそかになっている(笑)

というのも、この可愛らしい姿で
食草にしがみついている様子は
見過ごすわけにはいかないからだ

No2

じっくり観察していると、コドモが
「お母さん、ヘンな虫がいる。」

と、遠巻きに見ている
そして足早に立ち去っていった

ヘンな虫・・か(笑)

No3

蛾やハバチの幼虫と出会うことが多いのだが
調べてみると、その見分け方を知った

<蝶や蛾>
眼・・・・小さな単眼の集まり
胸脚・・・必ず3対(成虫になると脚となる)
腹脚・・・最大で4対(成虫になるとなくなる)
尾脚・・・1対(成虫になるとなくなる)

<ハバチ>
眼・・・・単眼でつぶらな眼
胸脚・・・必ず3対(成虫になると脚になる)
腹脚・・・必ず5対以上(成虫になるとなくなる)
尾脚・・・1対(成虫になるとなくなる)

蝶や蛾、ハバチ共に3対の胸脚は、成虫になると脚になる
腹脚が4対だと蝶や蛾、5対だとハバチ ということだそうだ

No4

No5

こちらの幼虫達は、つぶらな瞳なので
おそらくハバチ(ハチ?)の幼虫だろう
同定は判明次第ということで^^

No6


関連記事
2013.06.05 23:57|甲虫目
RIMG8678.jpg

10円切手にデザインされている虫
気付いた方はいるだろうか

たんぽぽに顔を潜らせた
コアオハナムグリの様子が描かれている

まさに切手と同じように
摘んできたタンポポに、まっしぐら

吸蜜した後は、美味しそうにお水を飲んでいた

RIMG8680.jpg

RIMG8681.jpg

こんな風情のフォークミュージシャンがいたような(笑

タンポポは10時間咲くと花を閉じる

身近なタンポポのショーゲキの事実
知らずにいたことにショックを受けた

それ以来、観察する機会が増えたのだが
早い花では、3時前には閉じるものもある

ということは、早朝4時頃から咲いていることになる

知りたいことが増えてゆくたびに
まだまだ自分の中に、新しい好奇心が眠っていたことに気づかされる

虫達に感謝!

関連記事
2013.06.04 21:35|甲虫目
ハナムグリ3

コアオハナムグリと暮らし始めた
光沢のある鮮やかな緑色
金箔がちりばめられたような翅
とても美しい

白い花が好きなようで
ハルジオンをたくさん摘んできたら
なかなかシュールな様相となった(笑)

ハナムグリ

シロツメクサや白いバラ、マーガレットなんかも
食べている姿を見てみたくなった

ハルジオンの季節は終わりかけなので
これからはヒメジョオンに切り替えよう

ハナムグリ2

花粉でお腹の足しになるのかな?
ぼんやりと考えつつ、眺めてみる

小さな体ながら、その食べ方はなかなか激しい(笑)
花の上に乗って、花びらを倒しながら食べる

花にもぐっている

というよりも
花をぐしゃぐしゃにしている(笑)
一心不乱に花粉を食べている

ハナムグリ

コトバの繊細さとは裏腹に
なかなかワイルドだ

ゼリーもとても好きなようで
長い時間をかけてゆっくり食べた後は
水分補給もばっちりしている

ちょっと甘過ぎたのかもしれない^^

白い花が好き
ってどうしてなのかな?

ハナムグリ4
関連記事
2013.06.03 22:03|鱗翅目(チョウ目)
先日ベランダに現れた客人は
ヨトウガというヤガの仲間だった
ずっと調べていたので、これでスッキリした

そのヨトウガは夜になるとこっそり土から現れて
さまざまな植物を食べる

夜盗蛾

という名前を見ていると
いろいろな想いに駆られる

さて、一昨日からサクラの葉をすっかり食べなくなり
ケースの中を、せわしなく歩くヨトウガ

何かを探すような仕草をしていたので
蛹化の準備に入るのだろうと判断した
土を入れたらもぐっていったので、ひと安心

今朝こっそり中を見てみると
かなり黒々とした色に変化していた
前蛹の状態まではまだだが
触るとぴくっと動くので元気なようだ

これから夏眠に入るヨトウガ
無事に羽化しますように
おやすみ

11
関連記事
2013.06.02 16:55|甲虫目
RIMG8620.jpg

藍色に光沢をかけたような色


一瞬のメイティング!


夕暮れ時の空が彼らの輝きを深めていた


RIMG8621.jpg
関連記事
2013.06.01 23:20|ホウデンフタマタクワガタ
ホオくんは忙しそうにお仕事をしている

ホオくん

PCを使ったり
本を読んだり


ホオくん2

思索にふけってみたり

ホオくん3

今日もおつかれさま

(^ν^) (^ν^)

関連記事
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
クワガタ  なで肩(笑)

プロフィール

miracotta

Author:miracotta
虫達の素晴らしさに日々感動!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キボウのカケラ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。