--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.31 20:00|どうぶつサカナなど
さあ わかるかな?

RIMG8896.jpg

RIMG8897.jpg

スポンサーサイト
関連記事
2013.07.29 23:44|ギラファノコギリクワガタ
今夜のギラ様

ギラギラ

& ぴよぴよしてる(笑)


RIMG9557.jpg




Joan Jett ♪ I hate myself for loving you


関連記事
2013.07.28 23:31|ギラファノコギリクワガタ
最近顔を見せなくなったミライちゃん
産卵セットの中でお星さまになっていた

RIMG9148.jpg

いつかは別れがくることは
分かっていたけれど、とてもさみしい

恥ずかしがり屋だったけれど
ほんわかとした、優しい雰囲気の女の子だった

RIMG9156.jpg

ミライちゃんの笑顔
とてもかわいらしかった

ありがとう。ミライちゃん
天国でゆっくり休んでね

RIMG9147.jpg


関連記事
2013.07.28 21:00|ゾウムシ
ハイイロチョッキリのチョッキリどん
16gのゼリー1/4カットと比較すると
そのサイズ感が伝わるだろうか?

RIMG9454.jpg

ゼリーに突き刺した口吻を動かすと
表面にスーっと筋が入るのが
この虫独特のお食事風景に思え楽しかった

小さな手を添えて、バランスをとり食べている
賢いチョッキリどん

RIMG9457.jpg

元気いっぱいのこの時期、早めに野生に戻そうと
コンディションのいい日を待ってきたのだが
ようやく昨日、ナガメと共にリリースできた

ナガメは手から離すとすぐに
ブーンと気持ちのいい音を立てて、飛んでいった

チョッキリどんは少し葉の上で休み
のんびりとどこかへ飛んでいった
しっかり子孫を残してね

RIMG9448.jpg




かわいい動画を発見したので、どうぞ

動画:フクロウ「里親」はおばあちゃん
   ひな育て放鳥20年



関連記事
2013.07.26 23:22|どうぶつサカナなど
RIMG9465.jpg

今日もピヨピヨとキレイな声が街に響いている

赤ちゃんの住まいの上空には、親鳥達が忙しそうに飛び交う


RIMG9464.jpg


毎日確実に大きくなってゆく彼ら
親鳥からの餌を食べることができる
絶好のポジションに控える選手は、成長も早いようだ


RIMG9468.jpg


足元を見ると赤ちゃん達の落としたウンチを受ける
ダンボールの紙が数枚敷いてあった
店員さん達が準備したのだろう

RIMG9467.jpg


ピヨピヨ鳴いている姿が
親鳥にとっては
たまらなく可愛いのだろうなあ(^ω^)


RIMG9466_20130726231848.jpg


関連記事
2013.07.26 22:10|甲虫目
RIMG8728.jpg

いま思えば、このカミキリのそばには、シデムシがいた
メタリックなグリーンなので、遠目にもよくわかる
アリ達が群がっていた

ミドリカミキリかオオアオカミキリか?

その内跡形もなくなり、土に還される


RIMG8729.jpg


関連記事
2013.07.25 21:37|甲虫目
RIMG8724.jpg

初めて見た時、山に住むゴキブリなのだろうと思いながら
その姿をじっくり見たいと思い
一瞬手の中に引き寄せたのだが
すぐにどこかに行ってしまった

でも、ゴキブリとはどことなく様子が違う
触覚が太めで短く
ボディの色味は艶消しのブラックだ

RIMG8725.jpg

この虫は、シデムシという
虫の亡骸を食べるという
重要な任務を担っているらしい

かわいいシデムシ
ぼこっとした後頭部のふくらみがとても可愛く感じる

クワガタと、ビジュアル的には大差が無く
飼育してみたくなったが
餌集めに苦労しそうなのでやめておいた(笑)

RIMG8726.jpg

関連記事
2013.07.24 22:51|半翅目(カメムシ目)
部屋の中をカメムシが歩いていた(笑)

どこからやってきたのだろう
買ってきた野菜に紛れ込んでいたのか?
それとも、部屋で羽化したのだろうか?

RIMG9389.jpg

このカメムシは 「ナガメ」という名前で
アブラナ科の葉を食べるようだ
小松菜をあげると、ちゃんと齧っていた

アブラナ科の野菜には、ガン予防の成分が入っているとのこと

カリフラワー キャベツ ブロッコリー
大根 チンゲンサイ 野沢菜
水菜 白菜 小松菜 かぶ

私はカリフラワーがダントツ好きです(笑)
硬めに茹でたカリフラワーに、マヨネーズをかけて
食べるとサイコーに美味しい

高いのがちょっとネックだけど(笑)

ナガメも狭いコバシャの中では窮屈そう
チョッキリも連れて、緑の中にリリースしに行こう

上から見ると、いい眺め(笑)
関連記事
2013.07.23 22:33|甲虫目
今夜はラーメン屋へ立ち寄った
ラーメンが来るまでの間
目の前にあるナフキン立てを眺めていた

淡い薄緑色の小さなクモが歩いている

飲食店だけに、この子のミライが心配だ
こっそりナフキンの中に入れて持ち帰った

近所の植え込みの前で、リリースすると、ふわふわと飛ぶようにどこかへ行ってしまった

ほっとひと息ついていると
クモをリリースした場所に動き回る白いものを見つけた

それを私は無意識につかんでいた(笑)
たぶんコガネムシの幼虫だろう

RIMG9435.jpg

クモを包んでいたナフキンの中に
今度はコガネムシを入れて、家に連れ帰った

ナフキンの中でわさわさ動き回り
鋭い顎で何度も噛んでくる元気な幼虫だ
かなり痛い(笑)

家に帰り、クワガタ幼虫飼育マットの中に入れた

それから数時間が経過
やっと落ち着いたのだろう
プリンカップの底で静かに眠っている

今夜はとてもいい出会いがあり嬉かった

RIMG9437.jpg


関連記事
2013.07.22 20:28|ヤマトカブトムシ
カブトムシの女の子と遊んでいる内に
気付いたら眠ってしまっていた

RIMG9207.jpg

ふと起きて横を見ると、女の子も一緒に眠っている
かわいらしい寝顔に
とても穏やかなキモチになった



おはよう

(^ν^)


RIMG9197.jpg

RIMG9194.jpg

RIMG9209.jpg

関連記事
2013.07.21 23:25|ノコギリクワガタ
先日のペアリング以降、女の子の攻撃がダメージだったのか
すっかり元気がなくなってしまったノコ

今夜は脚が動かなくなって倒れていた
たぶん数日が山場だろう

RIMG9383.jpg

倒れないように動かそうとしても
自分で必死に起き上がろうとする

急変する虫達の様子には毎回驚かされる
さっきまで元気に動き回っていた子が
数時間後には弱っていたりする

いつだか、何かの記事で読んだのだが
野生生物は病気や怪我をして弱っていたとしても
他の生物からの攻撃を受けて
獲物になってしまうことを避けるために
多少の痛みは我慢して、天敵に弱みを見せないようにふるまうらしい

容体が急変してしまうように見えるのは
そのことが関係しているのだろう

ノコの頑張りには本当に感謝だ
おそらく、先日のペアリングはうまくいったと見越して
女の子を産卵セットに移した
こちらの方はとても元気だ

産むか産まないかは分からないが
経過を見守ってゆきたいと思う

RIMG9362_20130721224903.jpg

ノコは昨年真冬に家にやってきて
無事に越冬して、春先から活動していた
細身で赤茶色のつるんとしたノコギリクワガタ

ノコギリクワガタは私にとっては
とても思い入れのあるクワガタなので
1日でも長く生きて欲しい

RIMG9364.jpg

関連記事
2013.07.21 22:44|ヤマトカブトムシ
RIMG8972.jpg

1つのゼリーになぜか頭をつっこんで
2人で仲良く食べています
すぐ横には新しいゼリーがセットされているのに、です(笑)

女の子たちの行動を見ていると
時々不可思議なことが起こるので
オモシロイです

RIMG8970.jpg

これ分かりますか?
女の子が女の子の上にマウントしています

昨年は男の子が男の子の上にマウントしていたのは
見かけたのですが、女の子の方ははじめて

調べてみると、自分の上が優位にいるんだぞ
ということを、下の子にアピールしているんだとか・・
ほんとのところはどうなんだろうか?

RIMG9161.jpg

RIMG9158.jpg

今夜も元気に騒いでいる一人の女の子は
私の左腕にずっと絡まって
しきりとブヒブヒ言いながら
顔をうずめてすりすりしてきたり
なんだか甘えたいようで、とてもかわいいです(^ν^)

抱っこをすると、うっとりした表情で
じぃっとしています

・・・

と思っていたら
なんということでしょう!
私の指の中に卵を産み落としました!!

白い卵がぽろっとついています(笑)
マットの中に移しておきました
こんなスタイルで産卵するとは。。
カブトムシ、おそるべし!

関連記事
2013.07.20 22:15|ホウデンフタマタクワガタ
今夜のフタマタちゃんも
飽きちゃったみたい(笑)

マイケルジャクソンも、私と一緒に
フタマタちゃんの夜のお相手をしてくれています

RIMG9411.jpg
RIMG9409.jpg
RIMG9412.jpg


Michael Jackson ♪ Billie Jean

 


関連記事
2013.07.19 23:10|ホウデンフタマタクワガタ
RIMG9170.jpg

RIMG9171.jpg

ホウデンフタマタクワガタのフタマタちゃんは
産卵セットに入ってからも落ち着きがなく
パタパタ騒ぐので、外遊びに誘うとうれしそう

私のカラダをつたって、背中から後頭部周辺で遊ぶのがお好みらしい
放っておくと、2~3時間くらいは楽しんでいる
このタイミングでお水を飲んでもらおうと、色々試してみるのだが
フタマタちゃんは、イヤなものはイヤという子なので
なかなか思い通りにいかない(汗)

RIMG9381.jpg

RIMG9382.jpg

推測では、フタマタちゃんは産卵に飽きると
私を誘っているような雰囲気だ
自由奔放なフタマタちゃんはとても魅力的

それからしばらくすると
あれほど騒いでいたのに、すっかり姿を見せなくなった
ガリガリと音が聞こえるようになり
何日も経過して・・・

結果

こんなんなっちゃいました!

RIMG9210.jpg

フタマタちゃん、激し過ぎる(笑)

ストレス解消のために遊んでいるようにも見えるのだが
ボロボロになった産卵木が物語るすざまじさに、思わず絶句。
そして2セット目にとつにうしたのでした♪

1セット目は、マット上に出す産卵木の面積が少なかったので
2セット目は、まるっと丸見え状態を目指します(^ν^)

RIMG9174.jpg

関連記事
2013.07.18 20:52|鱗翅目(チョウ目)

 


こちらの白くて可憐な蛾は
ハナミズキの木肌で翅を休めていました


 

首元のふわふわした白い毛が、とてもかわいい
カクモンヒトリでしょうか
同定できなかったので、引き続き調べていましたが

どうやらこの子はマイマイガの♀のようです♪

♂と違い、♀は白い姿だったのですね!


♂とも出会えますように

そして、ツバメのお母さんも最近忙しそうに
コドモ達にご飯を運んでいます

店舗の勝手口の上に巣作りされていて、中に入っているコドモ達は
お母さんが来る度に、口をぱくっと開けて
ご飯をもらっていました

かわいらしい姿と、お母さんの逞しさに感動
子育てがんばってね(^ν^)



関連記事
2013.07.17 08:38|ノコギリクワガタ
3連休の日曜日に、ノコギリクワガタを一晩同居させたのですが
交尾の確認ができなかったため、後日再度挑戦しようと思い

今朝数時間ペアリングさせたところ
メスがオスを拒否しているようで
メスは緊張した様子でオスを受け入れる気配がありません

オスがメスの上に乗った途端に、メスがオスの前脚を噛んで離しません
オスは脚を抜こうと必死ですが、メスの力は半端なく
一瞬の隙をついて脱出できたのですが

数分後、オスは再度挑戦していたのですが
又すぐにメスに噛みつかれてしまいました

調べると
・未成熟だから時間を置いたほうがいい
・相性が悪い
・タンパク質不足を補うため、オスを捕食しようとしている

などの理由が考えられるそうですが、後食を始めて日も経つため
やはり相性が悪いのでしょうか
それとも、先日のペアリングがうまくいっていて
メスが産卵体勢に入り、オスを拒否しているのでしょうか

ちなみに、タンパクゼリーは1ヶ月前位から食べさせています
他のオスはいないので、このペアで頑張ってもらうしかありません
どうしたものか、悩みます
どなたかいいアドバイスを頂けませんか?




関連記事
2013.07.16 20:29|ホウデンフタマタクワガタ
ホオくんはフタマタちゃんとのペアリング以降
とっても機嫌が悪い

気の強いホオくんは
怒る時も全力だ
そういうところも好きなのだが

くるくる回って戦闘態勢で挑んでくるのは
かなりコワイ(汗)

少し様子を確認するだけで
ガブっと噛んでくる

RIMG9386.jpg

RIMG9387.jpg

カワイイフタマタちゃんを見せたら
すぐに機嫌が直りそうだ

RIMG9393.jpg
RIMG9398.jpg

ホオくんとフタマタちゃん
つくづく、美形♪ (^ω^)

関連記事
2013.07.14 17:15|半翅目(カメムシ目)
RIMG9250.jpg

今日は至る所で抜け殻と出会った
擬木の上にも発見
近づいてよく見ると
生きて動いているではないか!

ゆっくりと歩を進める幼虫
歩くのは得意ではないのだろう
私の気配に気づいたのだろうか
歩みを止める

RIMG9253.jpg

手を差し出すとあっさりと手乗りしてくれた
こんなことがあるとは!
笑顔がステキな幼虫だ
久しぶりの感動で、一人じわじわ興奮していた

RIMG9258_20130714204022.jpg

幼虫と紡ぐ貴重な時間
この子は何年も土の中で暮らしてきたのだ

RIMG9261.jpg

赤茶色に姿を変えて外の世界に飛び出した
今この時間は、クライマックス直前
壮大な時の流れ
このめぐりあわせに幸せを感じた

擬木の上からコナラの木に移してみると
ぐんぐんと勢いよく登ってゆく
今までよくがんばってきたね
立派な成虫になってね
また会いにくるよ

RIMG9260.jpg

セミの種類を判別するのにいいサイトを発見したので
興味のある方は是非↓

こどもの国 あそびのレシピ 「セミの抜け殻調査」
http://www.kodomonokuni.org/komap_3/aso011.html

動画:セミの羽化をハイスピードで!



RIMG9267.jpg

関連記事
2013.07.14 11:19|半翅目(カメムシ目)
RIMG8732.jpg

先月の初めの、暑い昼下がり
土の上を歩く白い虫を見つけた
とても気になり観察していた

ヤドカリみたいな風情
私の気配を察してか、慌てて巣穴に潜っていった
でも頭だけは出したまま、先方もこちらが気になる様子
フィーリングが合いそうな予感

RIMG8734.jpg

おそるおそる指でこの子の手に触れてみる
すると、カマキリのように戯れてきた
これはオモシロい

しばらくじゃれあう不思議なひととき

セミの幼虫なのだろうか?
真白く顔色がかなり悪い(笑)
土の中にずっといたからだろうか?

楽しいひとときをありがとう

RIMG8735.jpg




関連記事
2013.07.13 09:26|ゾウムシ
いよいよゾウムシが羽化した!
と思ったら
よくよく調べてみるとハイイロチョッキリのようだ

クヌギシギゾウムシかコナラシギゾウムシだろうと
思い込んで育ててきたのだが(笑)
無事に成虫になってくれてよかった

ゾウムシにしては脚の先の太さがなく、華奢なのが気になり、調べて発見した新事実だ

ハイイロチョッキリは
甲虫目オトシブミ科チョッキリ亜科で
オトシブミの仲間らしい

ゾウムシでもチョッキリでもなんでもいいのだが(笑)
どんぐりから無事に登場してくれてうれしい

シャカシャカ騒がしい音を立てている
ちいさな穴をあけて出てきたようだ

体長1センチほどで、とてもちいさく
吻から伸びている触覚がチャーミング

登り木がなくても、飼育ケースの側面に何もなくても自由自在に走り回る

ゼリーを近づけると、細長い吻を刺して美味しそうに食べる
爪の力が強いのか、手のひらに載せてもしっかりした感触がある

カラダは明るいブラウンでポッコリお腹もかわいらしい

顔のほとんどが黒々とした大きな目だ

20130714110808143.jpg
関連記事
2013.07.12 10:57|鱗翅目(チョウ目)
20130714110811686_20130714115053.jpg

20130714110812243_20130714115052.jpg

20130714110812881_20130714115049.jpg

茶色の大型のスズメガを発見した
可愛いなあ(´ω`)

手乗りにしたら、脚をひょこっと載せてくれた
瞳も黒々としていて大きい

2013071411081000_20130714115055.jpg

♀のように思えたので連れ帰ろうと思ったが
食草を考えると難しいようなので、元の場所に連れ戻した

名残惜しさを感じながらも
じっくりとその姿を目に焼き付けた

20130714110809792_20130714115054.jpg

20130714110810403_20130714115053.jpg
関連記事
2013.07.09 21:14|甲虫目
この日はいたるところで
ニジュウヤホシテントウと出会った

RIMG9237.jpg

RIMG9235.jpg

RIMG9220.jpg
関連記事
2013.07.09 21:02|双翅目(ハエ目)
RIMG9248.jpg

朱色の目をしたゲンロクニクバエ

水滴に濡れた葉の上でペアになっていた

3本の縞模様が浮き立っている

RIMG9249.jpg





関連記事
2013.07.08 21:42|直翅目(バッタ目)
RIMG9024.jpg

これはおじゃる丸くんに登場する
子鬼トリオの赤い ”アカネ” にそっくり

RIMG9027.jpg

ネコが近づいて来ていたのだが
フレームインしてくるまで、まるで気が付きませんでした(笑)
ふてくされてます(笑)

RIMG9022.jpg


関連記事
2013.07.07 18:03|街あるき
雨が上がった増上寺
階段ステージで岩崎鬼剣舞の演舞が始まった

北上の鬼剣舞の源流である岩崎鬼剣舞
重厚感ある一人加護には見惚れる

写真に収めている瞬間がもったいないほど
じっくりと心に焼き付けた

皆の幸せを願い奉納される鬼剣舞
素晴らしい時間をありがとうございました

RIMG9037.jpg

RIMG9041.jpg

RIMG9042.jpg

RIMG9062.jpg

RIMG9055.jpg

RIMG9054.jpg

RIMG9074.jpg

RIMG9076.jpg

RIMG9075.jpg

岩崎鬼剣舞大供養



関連記事

タグ:岩崎鬼剣舞

2013.07.07 17:15|街あるき
RIMG9029_20130721204946.jpg

梅雨明けしたらしい
いよいよ夏がはじまった
ねっとりと湿り気を帯びた空気が、街中を覆う

今夜は岩手県北上市から、岩崎鬼剣舞がやってくるとのことで
以前から楽しみにしていた

RIMG9030.jpg

RIMG9028.jpg

増上寺に着くと、七夕の短冊がひらひらと揺れている
「楽しい毎日を暮らせますように。」
願い事を書き、笹の葉に結びつけた

RIMG9033.jpg

境内にはキャンドルが並ぶ
コドモ達の絵は純真でかわいらしい
中にはカブトムシの描かれたものもあった
とても力強い瞳だ

RIMG9082.jpg

空模様が急転する
ひんやりとした風が吹いた後
雨が降ってきた

RIMG9034.jpg

寺の軒下で雨をやり過ごす
雨足は強まってゆく
18時からの鬼剣舞まであと15分ほど

こんなにじっくりと雨を見るのは
本当にひさしぶりのことだ
音を感じないぐらいの激しい雨
心の中がすっきりと洗い流されてゆく

だんだんと空が明るくなってきた
ビルの間には虹がうっすらと浮かび上がる

「虹が出ているよ。」

誰かがつぶやいた

RIMG9035.jpg

観客のほとんどが寺の下で雨宿りをしていたため
増上寺のステージ前には誰もいない
空も少しずつ明るくなってきた

RIMG9081.jpg

岩崎鬼剣舞の演舞が始まる時間になると
不思議と雨があがった


(後半につづく)

RIMG9086_20130721205852.jpg

RIMG9084.jpg

関連記事

タグ:増上寺七夕まつり 岩崎鬼剣舞

2013.07.06 21:31|どうぶつサカナなど
メダカは春先に孵化してから、ぐんぐん成長して
ピークは70匹ほどになりました

その内、20匹位を里子に出し
現在は50匹のコドモ達が元気に活躍中です
(ほとんどが緋メダカ)
このコドモ達はとにかく食欲旺盛で
あげればあげるだけ食べてしまい
更にご飯をねだってくるので、困ったものです

このコドモ達の成長と入れ替わるように
♂でとても愛嬌のあった緋メダカのオレ君は
先日尾ぐされ病でお星さまになってしまいました
50匹のコドモ達はオレ君の分身として、大事にしています

更に、それから15匹程が増員(汗
産卵ストップの号令をかけたいくらいの勢いです

最近驚いたことがあります
なんと・・・

コドモなのにコドモを産んでしまいました!!(笑

未成年者なのに・・です(笑

彼らのモチベーションの高さは素晴らしい
うちのクワガタ達にも見習ってほしいくらいだなあ(^ω^)

コドモがコドモを産み始めたのが7月の初旬
なので、産まれて3か月で次の世代に引き継がれてゆくとは・・
メダカってオモシロイですね!

最近は、時々エアーを短時間だけセットするようにしているのですが
この泡を見た途端に、みんなが一斉に遊びにくるのが
とてもカワイイです
メダカは好奇心旺盛で無邪気なサカナですね(^ν^)

RIMG9355.jpg





関連記事
2013.07.05 22:15|どうぶつサカナなど
カタツムリのウンチは食べたものの色がそのままで
確認するのがとても楽しみ

RIMG9098.jpg

にんじんを食べるとオレンジ色
さつまいもを食べると白
小松菜を食べると緑色

最近この小松菜が好物だと判明したため
小松菜としいたけ、さつまいも
にんじんを定番メニューにして

あとはコンクリートブロックと
このボレー粉をセットする

RIMG9096.jpg

ボレー粉は美味しいのだろう
粉を入れるお皿の中に入る子達は多い

さつまいもの人気もバツグンで
食べた跡は表面がボコっと窪みができるのがオモシロい

RIMG9101.jpg

小さな右巻きカタツムリ達が
この窪みにすっぽりと入って食べていた

無心に食べている様子を見ていると
見ている私まで無心になる
カタツムリは癒しのチカラを持っているのだろう




関連記事
2013.07.04 10:56|ギラファノコギリクワガタ
RIMG8286.jpg

ペアリング後 1か月以上経過していたので
少し早いと思ったが割り出しを行った
すると卵が20個ほど収穫できた

RIMG9011.jpg

卵での割り出しは管理が難しく
孵化率が下がるようなので
幼虫になるまで待って割り出せばよかったか・・

人によってはギラファの孵化率は高い方だと
言われている方もいるので
諦めずに待っていたいと思う

湿度も高すぎると卵が腐ってしまうため
初日にプリンカップに詰める際に
霧吹きをした以降、カップ側面に水滴を確認したため
それ以上加湿をしていない

フタ付きのコンテナの中にカップを入れて
乾燥防止はしてはいるものの
初めての経験なので不安だ(´□`

RIMG9153.jpg

ミライちゃんには感謝
たくさんのコドモを産んでくれてありがとう
1頭でもいいので無事に孵化してきてね
待っているよ

RIMG8387.jpg

関連記事
2013.07.03 06:02|鱗翅目(チョウ目)
RIMG8833.jpg

ツマキホソバが飛び移った先に
サトマキマダラヒカゲが休んでいた

タテハチョウの仲間で
幼虫時代はクマザサを食草とし
成虫になると樹液や果物の汁を吸う

RIMG883333.jpg


関連記事
2013.07.02 13:11|甲虫目
RIMG8839.jpg

トホシテントウ

水滴がついた葉の上
赤色が少しくすんでいるのは
成虫になって日が経過しているからだろうか

グリーンの葉に添えられた果実のようだ

RIMG8838.jpg











関連記事
2013.07.01 21:50|どうぶつサカナなど
RIMG8793.jpg

ダンゴムシの交尾だろうか?

頭にしがみついているのは♂のように見える

なんともフシギな光景に見入ってしまった

仲良くくっつくダンゴムシ
かわいらしい姿に愛を感じた

RIMG8792.jpg

↑ しばらくすると、ちいさなおじゃま虫が登場(笑)

関連記事
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
クワガタ  なで肩(笑)

プロフィール

miracotta

Author:miracotta
虫達の素晴らしさに日々感動!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キボウのカケラ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。