--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.31 22:08|半翅目(カメムシ目)
昨年まで触れなかったセミ
不思議と幼虫と出会ってから成虫とも
触れ合えるようになった

するととても気になる存在に変わった
今日は暑い日だったが、セミを見に繰り出した

どこもかしこもセミだらけ
カメラを向ける私めがけて
セミたちはおしっこをかけまくる(笑)

なんでこんなに元気なんだい?
エネルギーの塊

夏の象徴だ

亡骸たちも見かけるようになった
アブラゼミとミンミンゼミ

RIMG10200.jpg

ミンミンゼミはとても状態がよかったので
お持ち帰りすることにした

よくセミは命が短いとは言うけれど
ウスタビガを思えば、短命どころかかなり長生きする虫だと思う

ウスタビガは、幼虫時代が3カ月弱、蛹の期間が3~5カ月(個体差有り)
羽化してからは3~5日間の命だ

セミが土の中で暮らす期間は、大体下記の通りだそうで

ミンミンゼミやアブラゼミは、2〜4年
ツクツクボウシは、1〜2年
クマゼミは、2〜5年
ニイニイゼミは、4〜5年

一生のほとんどを土の中で暮らす
そんなセミを見ていると
今更ながら、とてもフシギな生態だと思う

ミンミンミンミン・・
ジリジリジリ・・

全身を震わせて命の息吹を爆発させる

やっと地上に出てきた!
という喜びの叫びのように感じる

うーむ。かわいい。セミ

RIMG10192.jpg

スポンサーサイト
関連記事
2013.08.31 18:16|昆虫全般
ウスタビガペア ミンミンゼミ
かすかに後方に見えるのは、ルリクワガタやミヤマ、オオクワに
ノコギリのサナギなどなど

RIMG10214.jpg

ちなみに、前方3者はリアルです(^ν^)



関連記事
2013.08.30 22:24|膜翅目(ハチ目)
RIMG10099.jpg

ベランダにハチ達が巣を作った
普段掃除をしない場所なので、汚い画像ですみません(笑)
思えばこれと同じカタチの巣を
昨年同じような場所に見た記憶がある

RIMG10099_20130901001128a47.jpg

最初は1頭だけだったが、最近では3頭に増員したようだ
お腹が空いているのか元気がなく
気になったのでハチミツを買ってきて
菜箸の先につけて彼らに近付けると
なんのためらいもなく食べ始めた

RIMG10209.jpg

とても意外だ
警戒心が強いものだと思ったが・・
1頭だけ巣を離れない者がいたので
ハチミツを近付けると、恐る恐る食べ始めた

きっとこの子は巣を守っているのだろう
他の子達は食欲を優先している(笑)

ところでこのハチ達、何の種類なのだろうか
ハチは同定に苦労しそうだ

目が大きく愛くるしい顔立ち
これで人を刺さなければ
緊張感のないお付き合いができるのだが(笑)

でも、ハチミツのお土産付きだったら
彼らも、文句はいってこないだろう(^ν^)

RIMG10213.jpg

関連記事
2013.08.29 23:17|直翅目(バッタ目)
堂々とした佇まいに引き寄せられ
しばし見入ってしまった

手のひらに載せなくてよかった
口から黒い液体を出すらしい
このビジュアルからは想像できないのだが・・

防御の術は、虫それぞれなのだなあ

RIMG10199.jpg

関連記事
2013.08.28 23:28|鱗翅目(チョウ目)
虫探しをしていたら、通り過ぎた視界に違和感を感じ
その場所を確認すると
白い蛾が葉の上で休んでいた

顔を隠しているので、見てみたい衝動に駆られる
しかしとても敏感だった
すぐに飛んでいってしまった

白さがとても涼しげ

でも暑い。
キョーレツに暑い夏だ(笑)

RIMG10207.jpg
関連記事
2013.08.27 21:01|鱗翅目(チョウ目)
ホシヒメホウジャクの幼虫を持ち帰った日
その時は、その幼虫がブドウスズメの幼虫だと思いこんでいたので
ヘクソカズラを食べ尽くした様子を見て
他に代わるものを慌てて花屋に買いに行った

花屋さんにブドウ、ノブドウ、エビズル、夏蔦の
どれかが欲しい旨を伝えると
その店員さんは察しがよかった

「虫に食べさせるんですか?」
となぜか聞いてきた(笑)

スズメガですよね?
僕は成虫の姿は好きなのですが、幼虫がどうも苦手で(笑)
と、笑いながらノブドウの鉢を見せてくれた

RIMG10184.jpg

ブドウも見てみたが、美味しそうな果実をつけて
肝心の葉が少なく、そして高額だ

大きめのノブドウを選び、急いで帰宅後
さっそく幼虫達に見せてみたのだが
ノブドウには全く興味がないようで
その後すぐにサナギになってしまった

今思うと、ホシヒメホウジャクは
食べ尽くしたヘクソカズラを見て
サナギになる日を早めたのだろう
状況に合わせた的確な判断は、スゴイ

(違う理由だったりして。笑)

話戻って、ベランダの住人となったノブドウ
それから2週間ほど経過したある日
ウンチが落ちているのを発見

RIMG10190.jpg

これはもしや?
と思いじっくり見てみると


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


ブドウスズメか?!
ノブドウはブドウスズメを寄せるために
買ってきたものだったので、
その願いが叶ったりで、とてもコーフンした

その幼虫は「コスズメ」か「ハネナガブドウスズメ」
であると思われる

目玉のような紋のデザインから「コスズメ」の方だろう
RIMG10186.jpg

食べている時に観察していると
動きを敏感に察知して、すぐにフリーズする

手を顔の前にしたこのポーズは
逆に目立っているような気もする(笑)

RIMG10187.jpg

茶色の尾角を触ってみたが、意外に硬かった
これは何の目的でついているのだろう
ファッションか?

それから幼虫は急成長して
ある日ぱったり姿を見せなくなった
土の中で無事に蛹化していますように・・

RIMG10188.jpg


関連記事
2013.08.26 20:33|甲虫目
y RIMG10163

今年もヤマトタマムシを見ることができた
昨年よりだいぶ大きい
キラキラと豪華な姿
うっとりするほどの輝き

元気にブンブンと飛び回る
今すぐにでも産卵しそうだ
元の場所に戻しに行く

RIMG10165.jpg

エノキの木の下、見上げると
樹上を飛び回る、他のヤマトタマムシがいた

成虫はエノキやケヤキの葉を食べ
幼虫はエノキの材を食べるようだ
食草が少ないと、リスクが高そうだ

RIMG10167.jpg

ヤマトタマムシが
エノキを選んだ理由は
なんなのだろう。
美味しいから・・か(笑)

きっと、たくさんの子孫を残してくれるだろう
ショートステイありがとう

RIMG10170.jpg
関連記事
2013.08.25 20:47|鱗翅目(チョウ目)
RIMG10100.jpg

これは色違いのウンチではありません!(笑)
右側茶色がヨトウガのウンチ・・
ではなく、サナギで

左側濃い灰色がホシヒメホウジャクのサナギである

ある昼下がり、ヘクソカズラの足元にいた幼虫が
地面をさまよっていた
サナギになる準備をしているのだろう
3頭をお持ち帰りして様子を見ていた

RIMG10114.jpg

幼虫からサナギになり
はじめはこんなクリームイエローだった

RIMG9998.jpg

それから数日、濃いグレー色に変わってからは
あっという間の羽化だった
ネズミの様な顔立ちの、小型のホウジャク
尾っぽのふさふさが麗しい

RIMG10115.jpg

翅から少し覗かせる黄色のアクセントが
とても効いている

ブーーンと微かな翅音をたてて
ホバリングの準備をしている
今にも飛びそう・・

RIMG10116.jpg

と思っていたら
部屋中を ぶーーーーんと
まるでハチのような音をたてて飛び回る

さすがスズメガの仲間だけあって
小型ながら、パワーが違う

RIMG10120.jpg

とても動きが素早い
ホウジャクは口吻が特徴あって魅力的だ

RIMG10125.jpg

ゼリーでエネルギーチャージしてから
空に舞い上がっていった


続きを読む >>

関連記事
2013.08.24 22:43|蟷螂目(カマキリ目)
カマキリの食事にとても苦労している
この子はとてもおとなしく臆病な性格なので
まずは気分待ちをする

鳥もも肉(挽肉)は柔らかいので食べやすいようだ
でも量は多く食べない

RIMG10045.jpg

ある日、牛豚合挽肉を見せてみたが
一口舐めたきりだった

リンゴを擦ったもの
ヨーグルト
チンゲン菜を茹でたもの
昆虫タンパクゼリー
いずれも撃沈

桜エビを水で戻したものを見せてみたが
最初は興味を示したものの
すぐに逃げていってしまう

RIMG10046.jpg

これは気分待ちが足りないのか
それとも、彼の好みに合わないものばかりで
拒食しているのか。。

悩んだ挙句、いつも私が好んで食べている
サバの水煮缶を開けて
さじの上にくっつけてみる

すると、意外な程の喰いつきっぷり
これはいけるのかも。。

水分を取るのも拒んでいるため
水煮だけにその点もクリアしている(?)
のかは定かではないが
ひとまず食べてくれたので安心した

さじを使わず、時々指から直接食べてくれるのだが
その時に、指にちょこんとカマ部分を載せて
とても大事そうに食べる
その姿が、なんとも癒されるのだ

RIMG10058.jpg

このおとなしい様子を見ていると
彼は今まで生き虫をちゃんと捕獲してきたのだろうか
ふとギモンを感じる時がある
そんな彼だが、先日意外性を感じる出来事があった

挽肉の大きなかけらを食べている時
口からぶらさがった肉の分量が
自分の食べたい量には多すぎて
イラっとしたのだろう(笑)

1/3ぐらいを食べて、残りの大きなかけらを
カマでばさっと振り落としてしまった

その時に見せた一瞬のワイルドさに
キュンときた
そうか、キミはやっぱりカマキリだったのか

RIMG10121.jpg

関連記事
2013.08.23 22:22|蟷螂目(カマキリ目)
カマキリをもらったので
家に連れ帰り、一緒に暮らすことにした
昨年のオオカマキリより小さいカマキリだ
種類は同じなのだろうか?

RIMG10072.jpg

グリーンもとても鮮やかでくすみのない色味
翅の部分は光沢があり綺麗だ

産卵管がないので♂のようだ
カマで攻撃してくることもなければ
彼が飛んでいる姿を見たこともない
とても穏やかな性格で
あまりカマキリらしくない

RIMG10073.jpg

クローゼットの取っ手部分に挟んであるサクラとナナカマドの木
ここでカマキリは休んでいることが多い

私の視線が気になるのだろう
木の陰に隠れているようだ
クネっとした脚が見えているのは
気付かなかったことにしよう(笑)

RIMG10074.jpg


関連記事
2013.08.22 21:28|ウスタビガ
RIMG10014.jpg

予定よりも早い羽化となった
11月頃を予想していたのだが
エアコンで27℃に温度管理していることが
影響しているのかもしれない

ガサガサと激しい音を立てて繭から登場した、♂のウスタビガ
♀と違い触覚はボリュームがある

RIMG10032.jpg

とてもちいさなカラダで
左の翅が羽化不全のため、飛ぶことができない

採取エリアに還そうとしたが
木肌につけると転落して、地面で翅をばたつかせ
仰向けになってしまう
何度か試してみたが、その内腕や肩に戻ってきてしまう

♂は♀を探して飛び回らないと子孫を残すことは難しい
この子も不安そうにしているので
残念だが家に連れ帰り、ゆっくり余生を過ごしてもらうことにした

RIMG10021.jpg

8月18日羽化で、4日後の22日に☆になった
そして本日♀が羽化してきた

あと数日早ければ、と残念な思いもあるが
無事に生まれてきてくれたことに、感謝でいっぱいだ

RIMG10034.jpg

RIMG10028.jpg








関連記事
2013.08.20 21:49|鱗翅目(チョウ目)
ヘクソカズラRIMG9930

ホシヒメホウジャクの幼虫達が
カラフルに彩る
ヘクソカズラリースの春夏コレクション

スズメガの幼虫の特徴である尾角を
くいくいと動かしながら
リースを歩き回っている

茶色
ヘクソカズラRIMG9926


緑色
ヘクソカズラRIMG9929


血色の悪い色(笑)
ヘクソカズラRIMG9928

どれもおなじ種類なのだろうから
オドロキである

花屋でこんなリースを売っていたら
一部のマニアに必ず需要があると思う

幼虫好きって結構いる・・はず(笑)

ヘクソカズラRIMG9925

それにしても
「ヘクソカズラ」って・・(笑)

可憐な花をつける可愛らしい植物なのだが(゚Д゚ )汗

関連記事
2013.08.18 21:53|甲虫目
コアオハナムグリが羽化した
卵が孵化してからの成長スピードが早いので
育てていると、とてもオモシロイ

繭玉がごろごろ転がっている
全部で20個以上はある様子

4頭がそろってゼリーを食べている
愛らしい

RIMG10030.jpg

RIMG10031.jpg

関連記事
2013.08.17 19:59|この虫何の虫?気になる虫
ノブドウの葉が折りたたまれている

その中には黒くて小さな卵が産みつけられていたのだが
これは何の虫の卵なのだろう

RIMG10132.jpg

RIMG10131.jpg
関連記事
2013.08.16 20:25|鱗翅目(チョウ目)
RIMG10191.jpg

今回出会ったのは♀のようだ

♂は胴体中心近くにある、3点の紋の一番下が外側に大きくずれる
こちらは以前出会った♂の写真だ

RIMG8833_20130902203945c8b.jpg

♀の方は3点がほぼ縦列に並ぶので、識別できた

翅が少し欠けている
酷暑を生き抜いてきた逞しさを感じた

RIMG101912.jpg



関連記事
2013.08.15 21:35|鱗翅目(チョウ目)
アブラゼミはハナミズキの木肌の上で
眠たそうにしている

昨夜は夜更かしして活動していたのかな?

RIMG9896.jpg

これは!!
オオミズアオではないのかい?

アリ達に食べられているが
ペパーミントグリーンの姿は
かなり目立っている
きっとそうだろう

こんな街中のアスファルトの上で
お目にかかるとは思わなかった

RIMG9897.jpg

関連記事
2013.08.11 21:00|甲虫目
アオドウガネは、現在20頭ほどがいるのだが
ケンカすることもなく仲良く暮らしている
大好物のバナナはこうして
みんなで囲んで楽しげに食べている

RIMG9890.jpg

RIMG9883.jpg

バナナは小松菜の葉の上にセットしてあるのだが
それを表から食べる子と
裏側から食べるという面倒くさがり屋もいる(笑)

そんな子がバナナの下に隠れている時は
持ち上げてみると

あ、みつかっちゃったテヘヘ(*´∀`*)ゝ
てな様子でいるのがカワイイ

飼育セットはこんなカンジ
ゼリーはこういう方法だと食べずらそうなので
現在は大きな幅広タイプを1日1個セットしている

RIMG9885.jpg

さっそくペアリングの様子を確認
おそらく♂(であろう)は、♀にくっついたまま
どこまでもついていく

金魚のフンのような、ユーモラスな光景だ
♀も嫌がるわけでもなく、くっついてくる♂を
お尻にくっつけたまま、食事をしている
このおおらかさは、素晴らしい

アオドウガネは繁殖力が強い虫なので
とても楽しみだ(^ν^)

RIMG9887.jpg

RIMG9888.jpg

野菜が好きで、あくの少ない種類を食べる
サニーレタス 小松菜 白菜 チンゲンサイが好物のようだ
この辺りはかたつむりと一緒だ

食べやすいサニーレタスはあっという間に
穴だらけになってしまう

食事中の様子。脚を逆側に持ち上げ
ゆらゆらと揺らしている
私はこの動きがとても好きだ

RIMG9889.jpg

夢中でゼリーを食べる
アオドウガネは、食べることが心から好きなのだろう

RIMG9884.jpg



関連記事
2013.08.05 19:50|直翅目(バッタ目)
ショウリョウバッタ

オンブバッタと似ているが
大きさで違いが分かる

大きな体ながら、飛び方がとてもスマート
このクールな瞳も涼やか

S RIMG10018

関連記事
2013.08.04 19:58|ホウデンフタマタクワガタ
RIMG10176.jpg

ホオくんはいつも怒っている

久しぶりにフタマタちゃんと対面させてみたが
私に怒っているので、他の景色が目に入っていないようだ

ホオくん、かわいいフタマタちゃんだよ?
フタマタちゃんが横切っても気づかないでいる

ホオくんはゼリーもほとんど食べず
いつも仁王立ち
「プンプン!」という声が聞こえてきそうなくらいだ

最近、さとう珠緒の「プンプン!」を見かけない気がする
だが、その前にテレビ自体を見ていないので
当たり前か(笑)

今でしょ!も、ごく最近知ったくらいだ(笑)

RIMG10177.jpg

そんな「プンプン!」のホオくん
ゼリー交換の時には最大限の怒りで
わたしを出迎えてくれる(笑)

隙あらばガブっと攻撃
それがものすごく痛い
なかなかこの痛みには慣れないものだ

でも怒っているホオくんも
かわいいから困ったものだ(笑)

RIMG10178.jpg

ホウデンフタマタクワガタは
気が荒い種類なのだろうね

でも、その反面生命力もとても強そうだ
フタマタちゃんやホオくんを見ていると
いつもそれを感じる

フタマタクワガタっていいね

関連記事
2013.08.03 20:20|半翅目(カメムシ目)
気になる

RIMG8900.jpg

なぜか、気になるワタムシ

RIMG8901.jpg

出会うとついつい追いかけてしまう


RIMG8902.jpg

そしていつもフワフワのまま
どこかへ消えてしまう

脚が見えているけれど
ほんとは
虫の姿にした妖精?

RIMG8903.jpg

白い瞳が見えたような気がする

関連記事
2013.08.02 20:05|どうぶつサカナなど
すいすいすいと
水面をなめらかに進む

気持ちよさそうだ


RIMG8895.jpg

関連記事
2013.08.02 19:43|どうぶつサカナなど
RIMG9582.jpg

2羽いたツバメのうち、1羽が巣立っていった
最後の1羽となって、いよいよ飛ぶ決心がついたのだろう

しきりと翅をバタバタさせている
旅立ちが近づいている

RIMG9584.jpg

この翌日、巣の中は空になった

毎日の習慣になっていたツバメの巣の確認
これからは空を見上げる機会が増えそうだ

RIMG9587.jpg


関連記事
2013.08.01 07:19|どうぶつサカナなど



4羽いたツバメの内、2羽が巣立っていった

今は2羽が暮らしている

昨日羽ばたきの練習をしていたから、この子達も巣立ち間近だろう
関連記事
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
クワガタ  なで肩(笑)

プロフィール

miracotta

Author:miracotta
虫達の素晴らしさに日々感動!

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

キボウのカケラ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。